山座同定ナビの地形データをSDカードにインストール

<< 1.地形データのSDカードへのインストールについて >>

[1-A] 概要

このページは、スマホ・タブレット(以下、端末)の内部ストレージの空き容量が少なく、山座同定ナビの地形データを内部ストレージに インストールすることが出来ない・困難な場合に、地形データをSDカードにインストールする方法について記述します。

地形データのSDカードへのインストールは、Playストアからの(内部ストレージへの)インストールに比べて手間がかかり、 下に記したような制限等もあるので、内部ストレージに余裕があるなら 通常の方法でPlayストアからインストールすることを強くお勧め します。

[1-B] 前提要件

(1-B-1) 山座同定ナビのバージョン

山座同定ナビのVer1.0.20171102以上

(1-B-2) Androidのバージョン

Android4.4以上

※ Android4.3x以下では、SDカード内に地形データ(APK拡張ファイル)用のディレクトリを作成・取得するAPI(getObbDirs) がサポートされていないため、本機能を利用することが出来ません。

※ Android6以上では(一部の機種を除き)SDカードを内部ストレージの拡張に使うことが出来、 これを行うことで内部ストレージの空き容量を増やし、(本機能を利用しなくても)地形データを通常の方法でPlayストアからインストールすることが出来るようになります。
SDカードでの内部ストレージの拡張については、「android sd 内部ストレージ化」でググってください。
SDカードを用いてPC等とのデータのやり取りを行っている場合など、SDカードを内部ストレージ化したくない場合は、本機能を利用してください。

(1-B-3) SDカード

端末で使用可能なSDカード

※ 使用可能なSDカードについては、端末のユーザーズマニュアル等を参照してください。
そのSDカードを初めて使用する場合には、SDカードのフォーマット等が必要な場合があります。 またSDカードを端末から取り外す時や、外したSDカードを戻す時には、端末でのアンマウント・マウントの操作が必要です。 これらについても、端末のユーザーズマニュアル等を参照してください。

※注意※

「android sdカード できない」でググると多くのトラブル事例があり、ここに書いた前提要件を満たしていても 地形データのSDカードへのインストールが出来ない可能性があります。
これまでSDカードを利用しておらず、今回のために新たにSDカードを購入する場合は、その前にこのリスクを十分にご考慮ください。

(1-B-4) ファイラー・パソコン

地形データをSDカードにインストールするには、ディレクトリの存在の確認、地形データファイルのダウンロード、 ファイルのSDカードへの移動の作業を行う必要があります。
この作業を行うには、以下の3つの方法があります。

(a) 端末上で行う。
この場合、SDカードも操作可能なファイラーが必要です。
このページの説明では "X-plore File Manager" https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lonelycatgames.Xplore&hl=ja
を使用しています。

(b) USB経由でパソコンにMTP接続し、パソコンから行う。
MTP接続については、「Android MTP接続」でググってください。

(c) SDカードをパソコンに移し、パソコン上で行う。
この場合、SDカードを読み書きできるカードリーダーかUSB変換アダプターが必要です。

※注意※

Android4.4では、その仕様で、通常のファイラー等ではSDカードをReadはできてもWriteが出来ません。 また、Android4.4には、端末側で行ったファイル操作が端末を再起動するまでMTP側に正しく反映されないバグがあるようです。
従って、Android4.4の場合、ディレクトリの存在の確認は端末上でファイラーで行うことが出来ますが、地形データファイルの SDカードへの移動はSDカードをパソコンに移し、パソコン上で行う必要があります。

[1-C] 制限事項等

(1-C-1) 地形データの更新

地形データを通常の方法でPlayストアからインストールした場合には地形データに更新があった時に端末のデータも自動で更新されますが、 本方法でSDカードにインストールした場合には自動では更新されず、必要ならファイルのダウンロードとSDカードへの移動の作業を行う必要があります。
地形データの更新は、山座同定ナビ掲示板等で告知されます。

(1-C-2) アンインストール

山座同定ナビ本体をアンインストールすると、SDカードへインストールした地形データは自動的に全て削除されます。
山座同定ナビ本体をアンインストールせずにSDカードへインストールした地形データをアンインストールする場合は、 ファイラー等でファイルの削除を行ってください。

(1-C-3) 内部ストレージとSDカードの併用

例えば、常用する東日本版の地形データは通常の方法で内部ストレージにインストールし、時々しか使わない北日本版・東日本版はSDカードにインストールする、 といった使い方も可能です。
同じ版を内部ストレージとSDカードの両方にインストールしても(ストレージの無駄遣い以外の)問題はありません(山座同定ナビは正常に機能します)が、 この場合、山座同定ナビは内部ストレージ側の地形データを使用します。

<< 2.インストール手順 >>

※ 複数の版をインストールする場合でも、まず一つのみインストールして動作確認まで行った後に 残りの版をインストールすることをお勧めします。

[2-A] Step1 SDカードの準備

ユーザーズマニュアル等を参照して、SDカードが端末で使用出来る状態にしてください。

[2-B] Step2 地形データ用のディレクトリの作成と確認

山座同定ナビを起動してください。山座同定ナビがSDカード内に地形データ用のディレクトリを自動的に作成します。
地形データが内部ストレージにもSDカードにも一つもインストールされていない場合には、 「地形データがインストールされていません」のエラーが出ますが、ディレクトリ作成には影響ないので無視して作業を進めてください。
山座同定ナビが起動完了したら([山座撮影]ボタンが押せるようになったら)[その他]タブの[終了]で山座同定ナビを終了させてください。

正常ならば、SDカード内に
/Android/obb/jp.soft_design.sd_navi
ディレクトリが作成されます。
ファイラー等でSDカード内にこのディレクトリが出来ていることを確認してください。
※ 内部ストレージにも /Android/obb/jp.soft_design.sd_navi ディレクトリがあるでの、間違わないようご注意ください。

"X-plore File Manager"での確認例
MTP接続での確認例

[2-C] Step3 内部ストレージにインストールされた地形データのアンインストール

前記(1-C-3)のように内部ストレージとSDカードに同じ版の地形データがインストールされている場合、 山座同定ナビは内部ストレージの地形データを使用します。SDカード内の地形データを有効にするためには、 SDカードにインストールする版と同じ版が内部ストレージインストールされている場合、これをアンインストールする必要があります。

[2-D] Step4 地形データファイルのダウンロード

下の「<< 3.山座同定ナビ用地形データ >>」から、インストールする地形データ(SanzaDoutei.***.bin)をダウンロードして下さい。
ファイルのSDカードへの移動をパソコンで行う(上記1-B-4参照)場合は、ファイルのダウンロードもパソコン側で行う必要があります。 端末側でChrome等を用いてダウンロードした場合は、ダウンロードしたファイルは通常、内部ストレージの"/Download"ディレクトリに置かれます。

[2-E] Step5 地形データファイルのSDカードへの移動

2-Dでダウンロードした地形データファイルを、2-Bで作成・確認したSDカード内の
/Android/obb/jp.soft_design.sd_navi
にファイル名を変えずコピーしてください。
コピー完了後、元ファイルは削除してもかまいません。

[2-F] Step6 動作確認

山座同定ナビを起動して正常に動作することを確認してください。
(内部ストレージを含めて)複数の版の地形データをインストールしている場合は、 [その他]タグの[その他の設定等]→[地形データの切り替え]で使用する地形データを切り替えることが出来ます。
どの版の地形データが使用されているかは、起動完了時に約3秒間「東日本版/初期化完了」のように表示されます。

<< 3.山座同定ナビ用地形データ >>

2018年07月02日刷

※注意※ この版を使用するには山座同定ナビのVer1.0.20180317以上が必要です。
山座同定ナビの自動更新をOFFにしている場合はこの版に入れ替える前に確認してください。
全国版  : SanzaDoutei.all.bin
東日本版 : SanzaDoutei.east.bin
北日本版 : SanzaDoutei.north.bin
西日本版 : SanzaDoutei.west.bin


<< 4.その他 >>

[4-A] 結果レポートのお願い

AndroidでのSDカードの扱いは、Androidのバージョンだけでなくメーカー・機種によってもその実装が異なり、 Ver1.0.20171102のリリース前にそれなりのテストは行っていますが、不確定な要素があります。
地形データのSDカードへのインストールを行われましたら、下記を 山座同定ナビ 掲示板でレポートいただければ幸いです。
◎ 端末のメーカー名・機種名
◎ Androidのバージョン
◎ 問題なくインストール出来たかどうか
◎ 問題があった場合は、上記Step1〜Step6のどこでどんな問題が起きたか



山座同定ナビ・ホームページへ戻る