使用方法

 

 

@ 準備

* Android6以上では、初回起動時に、山座同定ナビが位置情報およびストレージにアクセスすることの許可を求めるダイアログが表示されます。画面の指示に従って許可を設定してください。

 

本アプリを使用するには、別途「山座同定ナビ用地形データ」をインストールする必要があります。「山座同定ナビ用地形データ」のインストールについては、[ヘルプ]タブの「地形データ」を参照してください。

 

* 本アプリを起動後、GPSが現在位置を確定するまでは正しい山座イメージを表示することが出来ません。GPSについては、[ヘルプ]タブの「GPSと方向センサー」を参照してください。画面右上角の[GPS]が赤い時は現在位置を確定していません。

 

A 撮影

上記準備完了後、とりあえずスマホ・タブレットをカメラのように山に向けて、画面右下の[山座撮影]ボタンを押すと撮影(山座イメージの描画)が行われます。

 

山座イメージの描画(以降、撮影)は、以下の描画条件に基づいて行われます。

(A) 撮影位置

(B) 撮影方向(方位と仰角)

(C) 対地高度

(D) 視程距離

(E) 焦点距離

(A)撮影位置と(B)撮影方向

スマホ・タブレット(以降、端末)に搭載されたGPSと方向センサー(3D加速度センサー・3D磁気センサー)から得られるデータを使用して、現在の位置端末をカメラのように向けた方向の山座イメージが撮影されます。

現在の位置と方向は[センサー]タブで確認することが出来ます。

仰角(水平方向を0度として上向きが+/下向きが−)は±30度に制限されています。端末を寝かせた状態(-45度以上)の時は仰角0度として撮影します。(みんなで見ながら撮影するときに便利です。)

 

(C)対地高度

撮影位置の高さ(海抜)は、(アプリの持つ地形データに基づく)撮影位置の標高にこの対地高度を加えた値が使用されます。通常(山頂や稜線上からの撮影の場合)は対地高度には10m程度を設定してください。(設定変更は下記B参照)

GPSの誤差のために撮影方向の目の前が地面になってしまような場合は、この対地高度を大きくすることでこれを避けることが出来ます。

また対地高度を大きくすることで、実際には隠れて見えない山をもっと高い位置から見ることや、鳥瞰図的に表示して山の位置関係を確認することも可能です。

対地高度は5m5000mに設定できます。

 

(D)視程距離

この視程距離で山座イメージおよび山名を表示する範囲を設定します。山座イメージはこの設定より遠い稜線は霞んだように薄く表示され、山名は山頂が(霞んで薄く)見えていてもこの距離より遠い物は表示されません。(設定変更は下記B参照)

この視程距離を実際の視程と同じように設定することで見えている山と本アプリの山座イメージの稜線の対応が判りやすくなり、山座同定が容易になります。

視程距離は2Km300Kmに設定できます。

 

(E)焦点距離

描画は35mmフィルム換算での焦点距離がおおよそこの設定値になる画角で行われます。

焦点距離は25mm200mmに設定できます。(設定変更は下記B参照)

 

B 描画条件の変更

上記(C)対地高度・(D)視程距離・(E)焦点距離の変更は[描画条件]タブで行います。変更したい項目をタップすると、画面下部にスケールが表示されます。

スケール上をシングルタップすると、タップした位置に応じた値に変更されます。

スケール上の目盛の近くをダブルタップすると、その目盛の値に変更されます。

スケール上を横にスワイプすると、値を微調整できます。(指の位置に関係なく、スワイプした距離に応じて現在の値が増減される)

 

C 撮影後の描画条件の変更

上記Aの撮影条件(撮影位置を除く)は、撮影後にその山座イメージを見ながら変更することが出来ます。対地高度・視程距離・焦点距離を変更するとその変更した条件でイメージが再描画されます。

また、山座イメージ内をダブルタップすると、その場所がイメージ中央になるようにパン(方位と仰角が変更)され、再描画されます。

方向センサーは誤差やふらつきが大きく、望遠(焦点距離=大)の状態で遠くの山を撮影してもなかなか画面中央に捉えることが出来ません。広角(焦点距離=小)で撮影後にイメージ上の目的の山近辺をダブルタップして中央にパンした後に焦点距離を変更することで目的の山を画面中央に拡大表示することが容易に出来ます。

 

D 山名と山の情報の表示

山座イメージで山頂が見える(であろう)山には、その上に山名が表示されます。この時、百名山・二百名山・三百名山・花の百名山・新花の百名山の山名は文字=赤/背景=黄色で、地方百名山等の山名は文字=赤/背景=白で表示されます。山名表示の対象とする山は、[山選択]タブで設定できます。(※地方名山の情報は地形データVer1.0.20170508以降に収録されています)

[参考]

·  地理院山:http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MOUNTAIN/mountain.html

·  その他の山1:25,000分の1地図相当の約9000

·  その他の山2:25,000分の1地図では山名が載っていない山(地元の呼称で登録している山)や島の名前をこれに分類しています。

山座イメージ上に表示された山名をシングルタップすると、標高等のその山の情報がポップアップで表示されます。

以下の場合は山座イメージで山頂が見えていても山名は表示されず、山頂に赤いドットが表示されます。

·  山頂が画面の上から1/4の範囲内にある物は表示されない。(山名の引き出し線が山名と重なりひけない場合があるため)

·  山名の数が画面サイズ横幅の制限を超える場合、イメージ横中央に近い物から表示し、横端の物の山名は表示されない。

これらの山も赤いドットをシングルタップすることで山の情報を表示することが出来ます。あるいはその山頂付近をダブルタップしてこれをイメージ中央にパンすることで山名が表示されるようになります。

 

E 描画条件の保存と復元

撮影位置を含めた描画条件は[その他]タブからファイルに保存・復元することが出来ます。

[描画条件保存]をタップすると「描画条件の保存」のダイアログがポップアップします。メモ欄に撮影場所などを書いておくとこれがファイル名の一部となるので、復元時の参考になります。[保存]ボタンを押すと「日時+メモをファイル名として描画条件が保存されます。

[描画条件復元]をタップすると上記で保存したファイルの一覧が表示され、目的のファイルをタップすると、その描画条件が復元・山座イメージが再現されます描画条件復元後、上記BCの操作で条件を変更して描画することもできます。

この描画条件を保存したファイル(拡張子".sdset")はWindows版の「山座同定ナビ」と互換性があり、スマホ・タブレットで保存した条件でWindows上で山座イメージを再現したり、その逆を行ったりすることが出来ます。

描画条件は、USBでMTP接続されたWindowsから

(端末名)/内部ストレージ/Android/data/jp.soft_design.sd_navi/files

として見えるフォルダーに保存されています。

WindowsとAndroidをMTP接続する手順はAndroidのバージョン等によって異なるため、その方法はネットで「MTP接続」で検索して下さい。

 

注意:山座同定ナビをアンインストールすると、上記描画条件を保存したファイルを含めて、jp.soft_design.sd_naviフォルダーごとこの中にあるファイルは全て削除されます。この中に必要なファイルがある場合にはアンインストール前にバックアップ取っておいてください。

同様にAndroidの[設定]→[アプリ]→[山座同定ナビ]の[データの削除]を行うとこのフォルダのファイルは全て削除されますので、ご注意ください。

 

F 「マイ設定」機能

「マイ設定」は、よく使う描画設定をあらかじめ登録しておき、これを簡単に呼出す(登録した描画設定に戻す)機能です。「マイ設定」には対地高度・視程距離・焦点距離と山選択がまとめて登録され、呼出し時にはこれらがまとめて復元されます。

「マイ設定」の登録(現在の描画設定がマイ設定として登録される)・呼出しは[その他]タブの[その他の設定等]から行います。また、呼出しは下記Gの長押しでも行うことが出来ます。

既に山座イメージが描画されている状態で呼出しを行うと、呼出した設定を使用して山座イメージが再描画されます。

「マイ設定1」〜「マイ設定3」の3セットを登録することが出来ます。

(Ver1.0.20170929での変更点)

[マイ設定の呼出し]で、登録を行っていないマイ設定を選択した場合および[設定を規定値に戻す]を選択した場合、以下の規定値が設定されます。

·  対地高度=10m

·  視程距離=100Km

·  焦点距離=25mm

·  山選択=[その他2]以外選択

 

G フリック・長押しでの設定変更等

山座イメージの表示領域を

 [左上][中上][右上]

 [左中][中央][右中]

 [左下][中下][右下]

の3×3の9個の領域に分け、それぞれの領域のフリック及び長押しに以下の機能が割り当てられています。フリックによる描画設定の変更は、山座イメージ表示されている時のみ有効です。

*フリック(---は機能割り当て無し)

[左上] ---

[中上] ---

[右上] ---

[左中] 上or下にフリックで焦点距離を変更(ズーム)/左or右にフリックで撮影方位をイメージ幅分変更(1画面分横方向にパン)

[中央] 上or下にフリックで対地高度を変更

[右中] ---

[左下] フリックした方向に応じて撮影方位を変更(例:右下方向にフリックすると南東方向の山座イメージが表示される)

[中下] 左or右にフリックで視程距離を変更

[右下] 山座イメージ・アプリ画面のキャプチャー(下記M参照)

*長押し(---は機能割り当て無し)

[左上] マイ設定の呼出し

[中上] 山座同定ナビを起動したアプリに戻る(下記J参照)

[右上] ---

[左中] 焦点距離を25mmに変更

[中央] 対地高度を10mに変更

[右中] ---

[左下] ---

[中下] 視程距離を100Kmに変更

[右下] 描画条件の保存

 

H 稜線・山名の文字を太くする

高解像度・小画面のスマホ・タブレット等で稜線が細すぎる・山名が小さすぎて見辛い場合、これを[その他]タブの[その他の設定等]から×1.5倍・×2倍・×3倍に変更することが出来ます。変更後、山座同定ナビは自動的に再起動します。

 

I 地形データの切り替え

複数の地域版の地形データをインストールしている場合、[その他]タブの[その他の設定等]から地形データを切り替えることが出来ます。切り替え後、山座同定ナビは自動的に再起動します。(従来通り、山座同定ナビ用地形データアプリの起動で切り替えることも出来ます。)

 

J ファイラー等からの山座同定ナビの起動

ファイルの拡張子(描画条件保存ファイルの拡張子は".sdset")から対応アプリを判断してそのアプリを起動できるファイラー等から、描画条件保存ファイルを「開く」操作を行うことで、山座同定ナビを起動しこのファイルの山座イメージを表示させることが出来ます。

この方法の場合、上記Eのフォルダー以外のフォルダーにある描画条件保存ファイルも開くことが可能です。

この方法で山座同定ナビを起動した場合、上記Gの[中上]の長押しでファイラーに戻ることが出来ます。

2017年1月13日現在、以下のファイラーでの動作が確認されています。

* [BUFFALO INC.] ファイルマネージャー:描画条件保存ファイルをタップ

* [Lonely Cat Games] X-Plore File Manager :描画条件保存ファイルをタッブ後「*/*」を選択

 

K ジャンプ機能

山座イメージ上に表示された山名をシングルタップして山の情報を表示(D参照)した後に画面右上の[GPS]を長押しすると、視点がそこに移動し、これ以降[山座撮影]ボタンのタップでは、この山の山頂から見た山座イメージが描画されます。

これを解除して視点を(GPSで得られる)現在位置に戻すには[GPS]をシングルタップしてください。

 

L 「地図ロイド」からの視点位置の設定

「地図ロイド」のメニュー[共有,印刷]→[マップを起動]で「山座同定ナビ」を選択することで、その位置を「山座同定ナビ」の視点にすることが出来ます。

これ以降[山座撮影]ボタンのタップでは、その地点から見た山座イメージが描画されます。

これを解除して視点を(GPSで得られる)現在位置に戻すには[GPS]をシングルタップしてください。

この方法で山座同定ナビを起動した場合、上記Gの[中上]の長押しで「地図ロイド」に戻ることが出来ます。

 

M 山座イメージ・アプリ画面のキャプチャー

山座イメージが表示された状態でその右下(上記G参照)を↓にフリックすると、現在の山座イメージをPNG形式の画像ファイルで保存することができます。

画像ファイルは、/sdcard/Pictures/Screenshots/ フォルダーに"Screenshot_年月日_時分秒.png"のファイル名で作成されます。

同様に↑にフリックすると、メニュー等を含めたアプリ画面全体が画像ファイルに保存されます。

注意:山座同定ナビは山座イメージの作成に国土地理院の測量成果を使用しているため、この山座イメージ等をホームページ等に掲載する場合には、測量法第30条に基づいて「出所の明示」を行う必要があります。

山座イメージが表示された状態でその右下(上記G参照)を←にフリックすると、山座イメージの下部に出所を明示する文言「山座イメージの作成には・・・」が表示されるので、その後に上記の画像ファイルの作成を行えば「出所の明示」された画像ファイルが作成できます。(この機能を使用せず、画面イメージ外の文章等で「出所の明示」を行っても問題ありません。)

[参考] 承認を得ず出所の明示により利用できる範囲

http://www.gsi.go.jp/LAW/2930-index.html#sec4