地形データ

 

※ 本アプリを使用するには、別途「山座同定ナビ用地形データ」をインストールする必要があります。

本アプリ内に富士山周辺のみのテスト用地形データが内蔵されていますので、「山座同定ナビ用地形データ」をインストールする前にこのアプリの最低限の動作確認をすることが可能です。(下記C参照)

 

@ 地形データとは

山座同定ナビは山座イメージを作成・描画する時に日本国土の地形データや各山の位置・標高などのデータを使用します。

この地形データはファイルサイズにして日本全体で約310MBと大きいため、以下の理由から山座同定ナビアプリ本体とは分離して配布しています。

* RAM容量の小さいスマホ・タブレットでも使用出来るよう、データを3区域(北日本・東日本・西日本)に分割したサイズの小さな版を提供するため

* アプリ本体の更新は地形データの更新より頻度が多く行われると思われるため、アプリの更新時(特に自動更新にしている場合)に地形データ分の余計な時間・通信費を発生させないため

 

地形データはAndroidアプリの形を採っており、Google Play(Playストア)からインストールすることが出来ます。

「山座同定ナビ用地形データ」アプリは、全国版の場合はインストールするだけで良く、実行する必要はありません。(実行すればアプリの説明等が表示されます。)

区域版を複数インストールした場合は、何れかのアプリを起動(起動後すぐに終了して良い)することで、次の山座同定ナビの起動以降は山座同定ナビでその区域のデータが使用されるようになります。

 

スマホ・タブレットの内部ストレージに地形データをインストールするのに十分な空き容量が無い場合、Android4.4以上であれば、地形データをSDカードに置くことが出来るようになりました。

ただし、

*ファイルのダウンロードやSDカードへのコピーを手作業で行う必要がある

*地形データの新版がリリースされても自動で更新されない(更新を手作業で行う必要がある)

等のデメリットがあるので、内部ストレージに余裕があるなら、上記のPlayストアからの(内部ストレージへの)インストールを強くお勧めします。

SDカードへの地形データのインストールについては、

http://soft-design.world.coocan.jp/SD_Navi/Data_in_SDCard/Data_in_SDCard.htm

をご参照ください。

 

A 全国版と区域版

山座同定ナビ用地形データは、以下の4つの版があります。(境目付近での利用時のために、区域はオーバーラップさせています。)

* 全国版 約310MB
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.soft_design.sd_navidata.all

北日本版 約150MB (長野県松本市あたりより北)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.soft_design.sd_navidata.north

* 西日本版 約150MB (長野県松本市あたりより西)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.soft_design.sd_navidata.west

* 東日本版 約150MB (広島県府中市あたりより東・秋田県大仙市あたりより南)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.soft_design.sd_navidata.east

 

これらは、収録されている地形データの収録範囲が異なるだけで、情報の内容は同じです。

全国版はデータサイズが大きい(他の約2倍)ため、RAM容量の少ないスマートフォン・タブレットでは使用できない場合があります。

全国版で山座同定ナビの起動時に「RAMが不足しているため地形データを読み込めませんでした」と表示される場合動作が不安定(RAMがぎりぎりだとバックグラウンドで他のアプリが起動した場合などに山座同定ナビが強制終了させられます)な場合は地域版を使用してください。

常駐している他のアプリや画面サイズにもよりますが、2GB以上のRAMを持つスマートフォン・タブレットであれば全国版が問題なく使用できると思われます。

1GBのRAMのスマートフォン・タブレットでは、全国版の使用は厳しいようです。

 

区域版を利用の場合は、複数の区域版をインストールして必要に応じて切り替えて使用することが出来ます。(切り替え方法は@参照)

複数の区域版をインストールしても実行時のRAMの必要量は1区域のみインストールした場合と変わりません。(ストレージは多く占有します。)

 

B 地形データ範囲外での動作

区域版でその範囲外の位置で山座イメージを撮影しようとした場合、現在位置にかかわらず、下記の場所からの山座イメージが作成されます。

北日本版:鳥海山山頂からの山座イメージ

* 西日本版:石鎚山山頂からの山座イメージ

* 東日本版:富士山山頂からの山座イメージ

このようなイメージが表示された場合、正しい区域版がインストール・選択されているか、GPSが正しく現在位置を取得しているか確認してください。

 

C 山座同定ナビ内蔵の地形データ

富士山周辺のみの狭い範囲(静岡市以東・秦野市以西・甲府市伊南)の地形データを山座同定ナビアプリ自身に内蔵しており、地形データをインストールする前に山座同定ナビの基本動作を確認することが出来ます。

この場合もデータ範囲外からの場合、富士山山頂からの山座イメージが作成されます。