GPSと方向センサー

 

@ GPSと方向センサーの状態の確認

GPSと方向センサーの状態は、画面右上の[GPS]の背景色、および[センサー]タブで確認できます。

 

(1) 画面右上の[GPS]の背景色

以下の場合、背景色は緑になります。

* GPSが誤差30m以内で現在位置を確定している場合。

→この場合は山座同定ナビを問題なく使用できます。

以下の場合、背景色は黄色になります。

* GPSが現在位置を確定しているが誤差が30m以上ある場合。

→この場合、誤差によってはその分ずれた場所からのイメージになるので注意を要します。

* 現在GPSは位置を確定していないが、以前に確定していた時からまだ3分経過していない場合。

→山座同定ナビは以前に確定していた場所を(アプリをいったん終了させた場合でも)記憶しているので、この間に移動していなければ問題なく使用することが出来ます。そうでない場合は、GPSが座標を確定するのを待つ必要があります。

以下の場合、背景色は赤になります。

* 現在GPSは位置を確定しておらず、以前に確定していた時から3分以上経過している場合。

→以前に確定していた時刻は[センサー]タブで確認できます。山座同定ナビは以前に確定していた場所を(アプリをいったん終了させた場合でも)記憶しているので、この間に移動していなければ問題なく使用することが出来ます。そうでない場合は、GPSが座標を確定するのを待つ必要があります。

 

(2) [センサー]タブ

センサータブには現在のGPSの受信状態、および位置・方向が表示されています。

[センサー]タブ内の「a/b衛星使用」の表示は、a=正常に受信できている衛星数/b=上空の見える位置にある衛星数です。これが「X/X衛星使用」なっている場合はGPSが全く使用できない状態です。

GPSが動作していても端末が有効な衛星軌道情報(下記C参照)を持っていない場合「0/0衛星使用」となります。この場合、位置の確定まで非常に長い時間がかかります。

aが"X"でも"0"でない場合は、天空の開けた場所であればいずれ位置を確定できます。

 

A GPSのトラブル・シューティング

山座同定ナビでGPSが正常に動作しない・位置確定できない場合、以下を確認してください。

 

(1) アプリ起動時にGPS関連のエラーが表示される場合

* Android6以上の場合、Androidの[設定]→[アプリ]→[山座同定ナビ]→[許可(アプリの権限)]で、[位置情報]が「許可」に設定されているか。

* 他のアプリ(例:GPS Test[Chartcross Limited])で、GPSが正常に動作するか。

 

(2) アプリ起動時にエラーは表示されないが、いつまでたっても位置を確定できない。

* Androidの[設定]→[位置情報]の[モード]が「高精度」(「端末のみ」でも可)に設定されているか。(「バッテリーセーブ」「バッテリー節約」モードではGPSは使用できません。この場合山座同定ナビの[センサー]タブには「X/X衛星使用」と表示されたままとなります。)

* 他のアプリ(例:GPS Test[Chartcross Limited])で、GPSが正常に動作するか。

* 他のアプリで正常に動作したら、そのまま10分ほどそのアプリを動かした後に、山座同定ナビを起動してみる。

* 屋内でテストしている場合は(天空に障害物の無い)屋外で試してみる。(木造の建物でも意外と影響があるようです。)

 

 

B 方向センサーのトラブル・シューテイング

山座同定ナビで端末の向きが正しく取得できない場合、以下を確認してください。

(1) アプリ起動時にセンサー関連のエラーが表示される場合

* 端末に地磁気センサーが搭載されているか。(廉価版のタブレットには地磁気センサーを持たない物があるようです。)

* 他のアプリ(例:Google純正のマップ)で、方位が正常に表示されているか。

(2) アプリ起動時にセンサー関連のエラーは表示されないが、方位が全く機能していない。

* 他のアプリ(例:Google純正のマップ)で、方位が正常に表示されているか。

(3) 機能はしているが、誤差が大きい。

* 他のアプリ(例:Google純正のマップ)で、方位が正常に表示されているか。

* センサーの校正を試してみる。(下記D参照)

 

C 参考:GPSの測位(位置が確定)するまでの時間

GPSは複数の衛星からの電波の到達時間差からその距離差を計測しこれを使って現在の位置を計算しますが、これには衛星の軌道情報(エフェメリス)が必要で、これは衛星から送られてきます

GPSは前回使用したときの軌道情報を記憶しておいて可能であればこの軌道情報を使用して測位しますが、この軌道情報は4時間という有効期限があるため前回の使用からこれ以上の時間が経過している場合、まず軌道情報を衛星から受信する必要があるため、測位までに時間がかかります。さらに長期間使用していなかった場合(機種によっては端末の電源を切った場合も)にはどの衛星から軌道情報を受信できるか(どの衛星が上空を通過しているのか)の情報も失われるため、即位までにさらに長い時間を要します。

測位に要する時間は搭載されているGPSの性能や受信環境(天空がどれだけ開けているか)によりますが、参考として天空の開けた場所でのNexus7(2013)の場合、短い場合で10秒、長い場合で10分程度を要します。

ハイキング開始前に(靴を履き替えている間にでも)本アプリを起動して一度測位を完了させておくとビューポイントでスムーズに本アプリを使用することが出来ます。

大部分のスマホ・タブレットでは、ネットワークに接続された状態で本アプリを起動することでGoogle・メーカー・電話会社等のサーバーからネットワーク経由で最新の軌道情報を取得するので、上記ハイキング前の測位はネットワークに接続した状態で行うと、測位までの時間が短縮されます。

 

D 参考:方向センサーの精度と校正

Nexus7(2013)で見る限り、方向センサーの精度はあまり良くないようです。

遠くの山をズームで撮影する場合、タブレットを正しく向けていてもセンサーの誤差で目的の山が画面外になってしまうことがあります。遠くの山をズームして見たい場合でも一旦広角(焦点距離25mm)でおおよその方向で撮影した後に目的の山をダブルタップして中心になるようにしたのちに焦点距離を長くして見るほうが手っ取り早いようです。

方向センサー(特に方位の磁気センサー)は、本アプリ起動後にタブレットを色々な方向にグルグル(ゆっくり)回すことで校正され、多少精度が良くなるようです。他のタブレットで効果があるかは不明ですが、精度が悪い場合には試して見てください。

参考: http://www.s3sensor.com/s3/calibration/