備考・注意事項等

 

@ 今後の開発予定

(1) 山座同定ナビ用地形データの刷新

現在、最新版の「数値地図(国土基本情報)」 http://www.gsi.go.jp/kibanjoho/kibanjoho40027.html をデータ元としての山座同定ナビ用地形データの全面的な作り直しと、可視判定方法の一部変更を進めています。

 

新しい山座同定ナビ用地形データでは、以下の点が変わる予定です。

 

* 収録される山の数が、これまでの約11,000座から約17,000座に増えます。(2万5000分の1地形図に「山」として記載されている山がほぼ全て収録されます)

 

* 百名山〜三百名山について、その主峰のピークがその近くにある支峰に隠れている場合でも、その名山は見えているとして山名を表示するように変わります。(手前の隠している側の山名も表示されます。)
例:筑波山(女体山)の山頂が男体山に隠れて見えない場合でも、「筑波山」とその手前に「男体山」が表示されます。

 

新しい山座同定ナビ用地形データは2018年7月中のリリースを予定しています。